長期運用でポケットWiFiの費用を考える(2年以上)

ポケットWiFiの契約には事務手数料や機種代金、キャッシュバック等が絡んでくるため、実質の月額費用を把握するのは手間がかかります。

ポケットWiFiの契約は2年縛りが多いため、当サイトでは2年間にかかるトータルコストで費用の比較をしています。
(ワイモバイルの場合は、3年縛りです)
参考:毎月ポケットWiFiの費用を比較しています。

しかし、実際には2年以上利用するケースも多いようなので、2年以上の長期運用ではどこがお得なのか?

主要なプロバイダーで比較をしてみました。個人的には以外な結果に驚いています。

比較するプロバイダー

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • Yahoo!Wi-Fi
  • Broad LTE

WiMAXを採用しているプロバイダーと4G/LTEを採用しているプロバイダーを2社ずつ選んでみました。
それぞれのプロバイダについて、主に費用の特徴をまとめてみましょう。

人気プロバイダー費用まとめ

GMO
とくとくBB
BroadWiMAX Yahoo!Wi-Fi Broad LTE
通信規格 WiMAX
WiMAX2
WiMAX
WiMAX2
4G/LTE 4G/LTE
初期費用 3,000円 21,857円 3,000円 21,857円
機種代金 0円 0円 0円 0円
キャッシュバック 27,750円 0円 0円 0円
月額通信費 3,609円
→25ヶ月目から4,195円
2,856円
→25ヶ月目から3,356円
2,743円
→25ヶ月目から3,696円
2,856円
値上がり無し
その他月額費用 0円 0円 384円 0円

各プロバイダーの特徴

GMOとくとくBB

キャッシュバックでかなり現金が返ってきます。
2年間だけ利用する前提だと、もっとも費用が安く済みます。

BroadWiMAX

キャッシュバックも無く、初期費用が高いのがネックです。
ただし、割引期間が終わっても月額費用が安いのは長期運用する際には魅力的です。

Yahoo!Wi-Fi

24ヶ月の通信費用割引があります。
初期費用を抑えられるシンプルな料金プランです。

Broad LTE

初期費用が高いのがネックですが、月額費用が安く途中の値上がりもありません
ある程度長く使うなら、お得なプランです。
利用回線はYahoo!WiFiと同じなので、繋がりやすさも同じです。

WiMAXとLTEは何が違う?

通信の規格が違うんですが、利用者にとってのメリットはこんな感じです。

WiMAXは通信制限がないので、動画やゲーム、仕事で頻繁にネットを使うならWiMAXがオススメです。

LTEは通信可能なエリアが広いように感じます。人口がそこそこある地域ではWiMAXもLTEもどちらも利用できることが多いですが、山間部などではLTEの方が接続できるエリアが広いように見えます。

つまり、、、
山間部などの人口が少ない地域で使用するならLTE。それ以外はWiMAXがオススメです。

地域によって、WiMAXは繋がるけどLTEが繋がらない。その逆もあり得ます。
詳しくは、本ページの最下部にある対応エリア一覧からご確認ください。

人気プロバイダー費用シミュレーション

それでは、上記でまとめた通信費用をもとに費用を計算してみました。

GMO
とくとくBB
BroadWiMAX Yahoo!Wi-Fi Broad LTE
1ヶ月 -22,391円 24,713円 5,747円 24,713円
12ヶ月 17,308円 56,129円 38,242円 56,129円
24ヶ月 60,616円 90,401円 75,768円 90,401円
36ヶ月 110,956円 130,673円 124,728円 124,673円
48ヶ月 161,296円 170,945円 173,688円 158,945円
60ヶ月 211,636円 211,217円 222,648円 193,217円
72ヶ月 261,976円 251,489円 271,608円 227,489円

※キャッシュバックは1ヶ月目に受けられるものとして計算しました。
実際に、受け取れるのは利用が確認できてからなので、2,3ヶ月後になると思います。

ポケットWiFiの長期運用では、結局どこがお得?

4年以上使い続けるのなら、Broad LTEがもっともお得になることが分かりました。
次に費用が安く済むのはBroadWiMAXです。

前述しましたが、人口がある程度多くてWiMAXが利用できるなら、WiMAXの方がオススメです。
通信量制限を気にしなくていいためです。
山間部など、あまり人口が少ない所では、4G/LTEの方が電波が届く可能性が高いです。

長期運用(4年以上は使う)を決めているのであれば、
WiMAX→BroadWiMAX
4G/LTE→Broad LTE
というのがいい選択だと思います。

ただし、多くのプロバイダーが2年縛りで、2年経過するとキャンペーン割引が終わり月額費用が高くなります。
(Yahoo!WiFiは3年縛りです)

なので、2年経過したら契約は解除して、キャンペーンをやっているプロバイダーと新規契約する!!

これを繰り返すのがもっとも費用を安く抑えられる方法です。

もちろん、手間はかかりますが、
GMOとくとくBBは2年間で60,000円程度しか費用がかかりません。

今のGMOとくとくBBと同程度のキャンペーンがやっているプロバイダーを2年毎に見つければ、
6万円×3回契約→18万円で6年間利用できることが分かります。

一番安いBroad LTEよりも45,000円以上も費用を抑えることができます

※価格の算出には細心の注意を払って計算しましたが、最終的にかかる費用などは公式サイトで確認をしてください。
また、費用は以下の公式サイトより、記事投稿時点で確認したものを使用しています。価格は全て税抜きです。

2年間なら一番安いGMOとくとくBB
WiMAXの長期運用ならBroadWiMAX
シンプルな価格設定Yahoo!WiFi
4G/LTEの長期運用ならBroad LTE

自宅・通勤先でポケットWiFiは利用できるの??
ポケットWiFiの電波状況を調べる方法まとめました!

サブコンテンツ

このページの先頭へ