ポケットWifiの繋がるエリアを徹底比較!!

速くて安いポケットWiFiも、繋がらなければ意味がありませんよね。
このページでは、主要プロバイダーのポケットWiFiの通信エリアを比較しています。

利用を予定するポケットWiFiがお住まいの地域で使えるかしっかりと確認しましょう!!

比較したポケットWiFi

今回比較したポケットWiFiは以下の3つです。

  • WiMAX/WiMAX 2+
  • docomo
  • Y!mobile

WiMAX/WiMAX 2+

通信速度が速いWiMAX 2+と、通信量制限なしのWiMAXが両方使えるため、当サイトでもイチオシのネットワークです。
こちらのサービス対象地域であれば、迷わずWiMAX 2+/WiMAXを選択するのがいいでしょう。

WiMAX/WiMAX 2+サービスエリアの確認サイト

日本地図が表示されるので、WiMAX/WiMAX 2+が選択されていることを確認して、都道府県をクリックしましょう。
(「住所、フリーワードから検索」をクリックすることで、住所から調べることもできます)

wimaxのサービスエリア

 

高額キャッシュバックを受けられる【公式サイト】はこちらです。

 

Y!mobile

Y!mobileのサービス提供エリアはWiMAXに比べて広いと言われています。(ざっと見てもY!mobileの方がエリアが広いことが分かります)
都心部では差が出にくいですが、少し郊外になるとY!mobileだけが対応エリアということも珍しくありません。

郊外での利用を予定している場合は、Y!mobileのポケットWiFiがオススメです。

Yahoo!WiFiのサービスエリア確認サイト

305ZT/303HWの2つは機種名です。どちらかに含まれていれば、使用可能です。

Yahoo!WiFiのサービスエリア

 

端末代金を0円でGETできるサイトはこちらです。

docomo

docomoのサービス提供エリアもWiMAXのネットワークに比べて広いと言われています。

docomoのポケットWiFiサービスエリアの確認サイト

docomoXi_ares

日本地図が表示されるので、利用を予定する箇所をクリックしましょう。

docomoと直接契約をして、ポケットWiFiを申し込むと月額費用が高額になります。
スマホと同様のパケット定額プランに加入する必要があるためです。

例えば、月間5GBまで通信できるプランは月額5,000円。さらに、基本使用料で1,200円かかりますので、月額6,200円以上。
ポケットWiFiとしては、かなり割高なため、積極的にオススメすることはできません。

繋がることを確認したら

当サイトではプロバイダーが用意しているお得なキャンペーンページへリンクしています。
他のページから申し込むとキャンペーン適用外になることもあります。
キャッシュバックの取りこぼし等がないように、当サイトがリンクしたページから申し込むことをオススメします。

WiMAX、docomo、Y!mobileのエリアを比較してみた

上記は、各ポケットWiFiのエリアを確認する方法ですが、出張が多いからとにかくエリアの広いポケットWiFiを選びたい!という方のために、WiMAX、docomo、Y!mobileのエリアの広さを比較してみました。

色々な場所で利用する予定の方は参考にしてください。2015年7月23日の各社データを元にしています。

都心部でのエリア比較

まず、都心部ではWiMAX、docomo、Y!mobileの利用可能なエリアにほとんど差はありません。

むしろ、都心部はどのポケットWiFiもエリア範囲内です。

例として、東京近郊を見てみましょう。

WiMAX/WiMAX2のサービス提供エリア
wimax_関東

docomoのサービス提供エリア
docomo_関東

Y!mobileのサービス提供エリア
yahoo_関東

各社とも独自の地図を使っているので、キレイに比較はできないのですが、縮尺などをできるだけ合わせてみました^^;

3社とも言えることですが、東京23区周辺、神奈川、千葉、埼玉の住宅密集部分はカバーしています。一方、東京都西部から山梨の間はエリア外の部分が目立ちますね。

また、WiMAXだけ千葉の一部分(市原の南東あたり)がエリア対象外となっています。若干ですが、WiMAXのエリアは狭いのかな?と感じます。

郊外でのエリア比較(京都府経ヶ岬周辺)

docomoのエリアが広いと言われていますが、都心部では他2社との違いはあまり見受けられませんでした。

しかし、郊外を調べてみるとdocomoだけがサービスエリアである地域を見つけることもできます。

一例として、京都府の経ヶ岬周辺を比較してみましょう。

WiMAX/WiMAX2のサービス提供エリア
wimax_経ヶ岬

docomoのサービス提供エリア
docomo_経ヶ岬

Y!mobileのサービス提供エリア
yahoo_経ヶ岬

これはわかりやすいですね。経ヶ岬周辺はdocomoのポケットWiFiだけがサービスエリアになっています。Y!mobileも犬ヶ岬の一部だけサービスエリアになっていますが、WiMAXは一切電波が届いていませんね。

docomoのネットワークは総務省が示した新基準で、Xiが99%に達していると言われていますので、利用できる地域はやはり広いですね。

郊外でのエリア比較(和歌山県新宮市周辺)

docomoのエリアが広いとはいえ、必ず利用できるわけではありません。

一例として、和歌山県新宮市周辺を比較してみましょう。

WiMAX/WiMAX2のサービス提供エリア
wimax_和歌山

docomoのサービス提供エリア
docomo_和歌山

Y!mobileのサービス提供エリア
yahoo_和歌山1

docomoだけが利用できると見られる部分に緑の丸をつけてみました。また、Y!mobileだけが利用できる部分にも丸をつけました。

WiMAXはやはり郊外では利用できない地域が目立ちますね。新宮、熊野、田辺あたりは十分に利用可能ですが、紀伊半島の南端はエリア範囲外になっています。

docomoだけが利用できる箇所がチラホラありますが、逆にY!mobileだけが利用できるエリアもいくつかありますね。

ポケットWiFiエリア比較のまとめ

ポケットWiFiが利用できるエリアか不明だけど、docomoが一番エリアが広いらしいから、docomoにしようという考えは危険です

郊外だとしても、docomoは利用できなくてY!mobileなら利用できるという地域もあります。

大事なことは、ポケットWiFiの利用前にしっかりと電波が提供されているエリアを確認することです!

各社のエリアは本ページから確認できますので、エリア確認に役立ててくださいね。

ポケットWiFiのエリアを確認したら、月額費用やキャンペーンを比較して、お得な申込サイトから申込みましょう。

毎月こちらのページで、月額費用やキャンペーンを比較しています!

↓今月の当サイトオススメのキャンペーン一覧です↓

WiMAX2+ (GMOとくとくBB)
Y!mobile(Yahoo!WiFi)
Docomo(スマートコミュニケーションズ)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ