ポケットWiFiの電波は自家製アンテナで集められる

ポケットwifiはスマートフォンやデータ通信端末と同じように、基地局から発信される電波を送受信して通信を行います。
電波基地局からの電波が距離の問題や環境の問題で弱いと、スマートフォンでも同じように通信が遅かったり不安定になったりします。
ポケットWiFiの電波が弱いと感じたら、まずは窓側に設置する、見通しの良い電波の入りやすいところに設置するという対応をしてみましょう。

置く場所を変えられない場合やどうしても電波が良くならないということがあると思います。
この場合は電波の感度をあげるために電波を集める簡易アンテナを自作してみましょう。

「そんなアンテナで感度が変わるのか、変わったとしても僅かじゃないのか?」と思う方もいるのではないでしょうか。
しかし、簡易アンテナは意外と役に立ち、電波を補うことは可能ですので試してみると良いです。
電波状況が改善すれば通信速度が高速になり、通信が安定します。

アンテナを作る前に!
ポケットwifiとスマートフォンやパソコンの距離が遠過ぎるとここでも通信が不安定になります。
あまり遠くにある場合にはお互いの距離を近づけてみましょう。
一時的な不安定さを解消する目的でポケットwifiとパソコンなどの接続されている機器を再起動してみることも試す価値があります。

自家製アンテナの作り方

簡易アンテナを簡単に作れると書きましたが、簡易アンテナは基地局からの電波が極端に悪い環境ではあまり有効ではありません。
エリア診断を行ってエリアの範囲ギリギリである場合などは、簡易アンテナではなくフェムトセルを使いましょう。
フェムトセルは自宅のインターネット回線に接続して電波を増強させるものです。
小型基地局と呼ばれる場合もあり、通信キャリアが提供する機器です。

フェムトセルは通信が不安定でエリア内なのに通信ができない場合などはキャリアから無償で借りることができて無償で設置することができます。
インターネット回線が自宅にない場合はインターネット回線も提供してくれるキャリアもありますので。
簡易の自作アンテナで改善が見られなかった場合にはこのフェムトセルも検討してみましょう。

簡易アンテナの作り方はアルミボウルの中にポケットwifiをいれる、またはアルミホイルで電波の流れを作り受信強度をあげる方法です。
アルミは電波を増強させることのできる秘密道具のようなものです。電波の特性上アルミホイルは電波を集めることができるのです。
アルミホイルを使う場合とアルミボウルを使う場合で使い方が違いますが、両者ともに電波を最もよくつかむ場所や方角をしっかりと探し調整しましょう。

自家製アンテナの使い方

アルミボウルはできるだけポケットwifiのサイズとぴったりになるような物を選びましょう。
大きければ大きいほど良いと思うかもしれませんが電波をよくポケットwifiに伝えるためには電波の逃げ道がないアルミボウルが理想なのです。
アルミホイルで覆う場合には全体がしっかり包まれるように覆いましょう。
これで基地局からの電波はよく受信できるようになります。

パソコンとの距離がどうしても遠くなってしまう場合にもパソコンの内蔵子機の場合はパソコンの近くにアルミアンテナを設置する、内蔵子機でなく外付けの場合にはその子機をアルミホイルで覆う、またはアルミボウルにいれることでより効果が増します。

外からの電波が通信の邪魔をしている場合には外の電波を遮ることも手段のひとつとして考えられます。
パソコンなどの機器とポケットwifiを逆に窓側でなく家の真ん中に設置するなどです。
これは基地局の電波が弱いときには関係ありませんので基地局からの電波が弱いときは逆効果になりますので行わないようにしてください。

簡易アンテナを設置して基地局からの電波とパソコンなどの電波状態が改善したことを確認したらrapidnetといったスピードテストサイトやスマートフォンのアプリで改善前と改善後のスピードをチェックしてみましょう。
電場状態が改善すればスピードも向上しますし、通信も安定するようになります。