犬-困る

ご飯を作るときにポケットWiFiが切れることがあるなぁ


猫-困る

電子レンジを使うとポケットWiFiが切れる」って聞いたけど、本当かも……

電子レンジはポケットWiFiの利用を妨げる

インターネット上でも、電子レンジを使うとポケットWiFiが切断されるという書き込みを見かけることがあります。

実際に困っている人も多くいますが、どうして電子レンジがポケットWiFiの利用を妨害するのでしょうか?
その理由と具体的な対応策を3つ紹介します。

電子レンジがポケットWiFiを邪魔する理由

電子レンジ

電子レンジは食品を温めたり調理するために、マイクロ波を照射します。
マイクロ波は電波の一種です。電波には周波数という性質があります。周波数とは、1秒間に何回振動するかという尺度で単位は[Hz]です。

日本では、「むやみやたらに、電波を飛ばしてはいけない」と電波法で定められています。なので、電子レンジで使うマイクロ波の周波数は2.45GHz程度です。

一方、ポケットWiFiには以下5種類の通信方法があります。通信方法のことを規格と呼びます。

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac

ポケットWiFiが扱う電波にも電波法が適用されるので、ポケットWiFiの周波数は2.4GHzと5GHzの2種類と決められています。
2.4GHzの周波数を使う規格は、11bと11g。5GHzの周波数を使う規格は11aと11ac。
11nは2.4GHzと5GHzの両方の周波数の電波を扱えます。

さて、難しい説明が続いてしまいましたが、電子レンジを使うとポケットWiFiが切断されてしまう理由は「電子レンジとポケットWiFiが同じ周波数の電波を使っているから」です。
電子レンジのマイクロ波は2.45GHz。ポケットWiFiの11bと11gは2.4GHzですね。

ポケットWiFiを電子レンジの近くで利用すると、電子レンジから漏れるマイクロ波をポケットWiFiで利用するものと誤認識してしまいます。
そのため、正しい通信が出来なかったり、様子をみるために通信を中断することがあります。

電子レンジの近くでもポケットWiFiを使う方法

犬-喜び

インターネットを使ってる間は電子レンジを使わなければいいんだ!

猫-怒り

それだと、クックパッドでレシピが調べられないじゃない!

ポケットWiFiの利用中に電子レンジを使わない方法も1つの解決策です。
しかし、電子レンジが使えないのは不便ですし、マンションやアパートではお隣の電子レンジがポケットWiFiに影響を与えることもあります。

集合住宅ではこんな経験も……

 

以下、電子レンジを使ってもインターネット接続が途切れない方法を3つ紹介します。

1.電子レンジから離れてポケットWiFiを使う

ポケットWiFiと通信機器を電子レンジから離れた場所で使うのが、もっとも簡単な方法です。
私も「そんな原始的な方法で効果あるの?」と半信半疑でした。しかし、意外と効果があるんです。

電子レンジからはマイクロ波が放射状に漏れています。
単純に考えると、今よりも2倍離れた場所では、電磁波の強さは4倍弱くなります。(25%になる)
もちろん、建物の構造などにより効果は変わってきますが、簡単にできる方法なので試して損はないでしょう。

この方法を試す際に注意点があります。
それは、「ポケットWiFiと通信機器の両方を電子レンジから離すこと」です。
例えば、ポケットWiFiを電子レンジから離れた窓際に置いて、ノートパソコンを電子レンジの近くで使っては効果を見込めません。
必ず、ポケットWiFiも通信機器も電子レンジから離しましょう。

犬-怒り

僕の犬小屋はワンルームだから、電子レンジから離れられないぞ

住宅事情によっては、この方法が使えないこともあるでしょう。
また、キッチンでポケットWiFiを使いたい時もありますよね。
そんな方のために、もっと効果的な方法を紹介します。

2.ポケットWiFiの通信規格を変更する

ポケットWiFiには5つの通信規格があると紹介しました。
11aと11acの規格は5GHz帯を使用するので、2.45MHzの周波数帯を使う電子レンジの干渉を受けません。

つまり、ポケットWiFiを11aか11acの方法で通信するように設定すれば、電子レンジの近くでもポケットWiFiが使えるようになります。

11aと11acの両方が使えるポケットWiFiであれば、11acの利用をオススメします。
11acは11aに比べて高速で通信できるためです

11acでポケットWiFiを使うには

ポケットWiFiの機種によって、利用する通信規格を11acに変更する手順は異なります。
詳しくはお使いのポケットWiFiの取扱説明書に記載があります。確認しましょう。

一般的な流れは、ほぼ同じようなので簡単に紹介します。

  1. ポケットWiFiと通信機器(ノートPCやスマホ等)をWiFiで接続する
  2. 通信機器でブラウザーを開き、管理ツール用のURLを表示する
  3. 管理ツール画面から通信規格を変更する

取り扱い説明書が見つからない場合は「機種名 取扱説明書」でネット検索をすると見つかることが多いです

犬-歓喜

あ、11acに変更したら電子レンジを使ってもネットが使えるぞ

猫-衝撃

うちのキャットタワーで11acにしたら、ポケットWiFiがつながらなくなった

電子レンジの干渉も受けず通信速度も速いのですが、11acは障害物に弱いというデメリットもあります。
例えば、1階のリビングにポケットWiFiを置いて、2階の寝室からノートパソコンを接続するような場合は、床に電波が遮断されてつながらないことがあります。
マンションでも少し離れた場所で使うと、壁や柱が邪魔をして接続できないこともあります。

11acには屋外で利用しているときに切断されることがあるというデメリットもあります。
11acの利用する5GHz帯は気象レーダーや航空機レーダーでも利用しています。電波法には「気象レーダーの電磁波を確認したら干渉しないように設定を変更するように」というルールがあります。
設定の変更等はポケットWiFiが自動で行うので、知らずに電波法違反をしていたという心配はありません。
しかし、屋外でポケットWiFiを5GHzの規格で使っていると一時的にパソコンとの接続が途絶えることもあります。

まずは11acを試してみて、つながりにくいようであれば11bや11gに戻すといいでしょう。

最近のポケットWiFiは11acに対応しているものがほとんどです。機種選びの際には念のために確認する程度で大丈夫でしょう。
逆に、ノートパソコンやゲーム機の接続する側が11acに対応していないことは珍しくありません。

3.ポケットWiFiとパソコンを有線で接続する

1と2の両方を試してもうまくいかない場合は、ポケットWiFiと通信機器を有線(LANケーブル)で接続しましょう。
有線接続であれば、電子レンジの電波に通信を邪魔されることはありません。

でも、ポケットWiFiにはLANケーブルを挿す場所がありませんよね。

ほとんどのポケットWiFiにはクレードルが別売りされています。
簡単に言えば、クレードルとは充電台です。ポケットWiFiをクレードルに立てかけると充電をすることができます。
クレードルには充電以外の機能として、ポケットWiFiをLAN接続させる機能もあります。

ポケットWiFiクレードル

ポケットWiFiを屋内で使う場合はクレードルに立てかけ、ノートパソコンなどに有線で接続すれば、電子レンジの問題は解決します。

ポケットWiFiだけではない!電子レンジがWiiUの邪魔をする

ポケットWiFiだけではなく、据え置きのWiFiルーターも電子レンジの影響を受けます。
2で紹介した「11acを使って接続」すればいいのですが、11acは比較的新しい通信規格なのでWiiU等のゲーム機は対応していません。
(WiiUは11bと11gのみに対応)

どうしても電子レンジと同じ周波数帯で通信をしてしまいます。
WiiUでは、スプラトゥーンをやっている人が多いイメージなんですが、スプラトゥーンで通信の瞬断や遅延は命取りですよね。

「絶対に通信の遅延はさせたくない!」という人のために、WiiUのLANアダプターという商品があります。
WiiUのUSBに挿すとLANケーブルでインターネットに接続できるアダプターです。

Amazonで「wiiu lanアダプタ」と検索するといくつか見つかるので、遅延なくWiiUをプレイしたい方は探してみましょう!

3DSも同様に11bと11gのみに対応していますが、LANアダプターは見つかりませんでした。
電子レンジから離れるか、ゲーム中は電子レンジを使わないように注意しましょう