猫-困る

スマホ代、インターネット代。通信費って意外とかかるよニャ~。

犬-衝撃

ポケットWiFiも使ったら、通信費がもっとかかるワン

男性-通常右

ポケットWiFiを使うことで通信費を安くすることもできます。
とくに一人暮らしの方は必見ですよ!

ポケットWiFiでいくら通信費が安くなるか見直してみよう

スマホを持っていて、家にインターネット回線を引いている方は結構多いようです。
でも、スマホ代とインターネット回線代の両方がかかるので、通信費が1万円以上かかるのではないでしょうか?

ポケットWiFiを使うことで、通信費用を安く抑えつつ、外でもノートパソコン等が使えるようになります。
もちろん。ネットをどれだけ使うか等によって効果は変わってきますが、一度通信費の見直しをしてみてはどうでしょうか?
いくつかの事例も交えて、ポケットWiFiで通信費用を安く抑える方法を紹介します。

ポケットWiFiで通信費を安くできる理由

ポケットWiFiを使って通信費用を安く抑える手順を紹介します。
※スマホ(iPhone含む)を持っていて、インターネット回線を自宅に引いていることを前提とします。

  1. ポケットWiFiを契約する
  2. インターネット回線を解約する
  3. スマホのデータ通信プランを安いものに変更する

この手順で通信費用が安くなるはずです。

順番に詳しく解説していきます。

1.ポケットWiFiを契約する

ポケットWiFiの月額費用は2,500円~4,500円程度が相場です。
毎月どれだけ通信できるかによって月額費用が変わります。

あまり安いプランにして、月の途中で使えなくなっては困りますよね。
通信速度が遅くてイライラなんてしたくないです。
なので、当サイトでは「WiMAXのギガ放題」(月額:4,380円)をオススメしています。

もし、WiMAXが利用できない地域であれば、Y!mobileの「Pocket WiFiプラン2(アドバンスオプション付)」もしくは、「Pocket WiFiプランL」をオススメします。
どちらも、月額費用は4,380円です。

WiMAXもY!mobileも申し込む窓口によって、キャッシュバックや月額費用が安くなったりします。
今回は、それらの特典を含めずに月額費用を試算しますが、キャッシュバックを含めるともっとお得になります。

2.インターネット回線を解約する

インターネット回線もプロバイダーやプランによって月額費用が異なります。
フレッツ光は成約数が1000万件を超えているポピュラーな回線なので、今回の比較対象としました。

フレッツ光の月額費用は正直計算が複雑です。
まず、住んでいる地域が東日本と西日本で費用が異なります。
さらに、戸建てとマンションでも費用が異なりますし、マンションも規模により月額費用が変動します。

今回は、一人暮らしの方を対象に考えるため、マンションタイプで試算をしました。

フレッツ光(東日本)の月額費用は3,800円。
フレッツ光(西日本)の月額費用は4,000円。

費用の試算はこちらのサイトの料金シミュレーションを利用。
※ひかり電話、映像配信サービスオプション無し

3.スマホのデータ通信プランを安いものに変更する

ポケットWiFiの月額費用が4,380円。フレッツ光の月額費用が3,800円でした。
単純にインターネット回線をポケットWiFiに切り替えただけでは、通信費用を安くすることはできません。
スマホの月額費用を安いプランに変更することで、通信費用を抑えます。

スマホの通信費用には、基本使用料とデータ通信料に分かれています。
スマホでインターネットが低速にならないよう、少し多めのプランに入っていると思います。
しかし、ポケットWiFiを使えば、スマホの通信プランを少ないものに変えることができます。

例えば、docomoで毎月5GBの通信が可能なプランから3GBのプランへ切り替えた場合。
月額費用が7,000円から5,500円に抑えることができます。年間で18,000円も安くなります。

ポケットWiFiでトータルいくら安くなるのか?

ポケットWiFi・インターネット回線・スマホの月額費用をトータルで比較してみましょう。

インターネット回線を使う場合の月額費用

インターネット接続費用:3,800円
スマホの通信費:7,000円

合計:10,800円

※西日本の場合はインターネット接続費用が4,000円。合計は11,000円

ポケットWiFiを使う場合の月額費用

ポケットWiFi月額費用:4,380円
スマホの通信費:5,500円

合計:9,880円

ポケットWiFiの方が月間920円は安くなります。
年間で11,000円以上安くなるので、通信費用を抑えるならポケットWiFiを選んだ方がいいですね。

家族と暮らしている場合にポケットWiFiは?

一人暮らしであれば、出かける際にポケットWiFiを持ち出して、スマホでも使うことができます。
しかし、家族と同居している場合は、ポケットWiFiを持ち出しては家でインターネットが使えなくなってしまいます。
なので、インターネット回線を無くすことは難しいでしょう。

でうすが、一人暮らしの方には、ポケットWiFiの利用を強くオススメします。
通信費用が安くなるだけではなく、屋外でもノートバソコンやゲーム機をインターネットに接続することができます。

ポケットWiFiを使った通信費節約の例

ポケットWiFiを使って通信費用が安くなる程度は、現在の通信環境やどれくらいインターネットを使うかによります。
イメージがしやすいように、どれくらい通信費が節約できるか例を挙げてみましょう。

ケース1:auのスマホ利用。ヘビーユーザーの場合

  • インターネット回線はフレッツ光(東日本)を利用:月額3,800円
  • スマホはauの20GBプラン:8,000円
  • 合計:11,800円/月額

インターネット回線をポケットWiFiに切り替えてみましょう。

  • ポケットWiFi(WiMAXギガ放題):月額4,380円
  • スマホはauの1GBプラン:4,400円円
  • 合計:8,780円/月額

3,020円/月も通信費用を節約!
ポイントは2つあります。

1.スマホのプランを抑えた

20GBプランを1GBのプランに抑えました。月額3,600円の節約が可能です。
スマホの通信をポケットWiFi経由で行うので、毎月1GBでも十分使えます。
万一、スマホで1GBの通信をしてしまっても、それ以降はポケットWiFiを使えば高速で通信をすることができます。

2.au スマートバリューmineを利用

auのスマホやiPhoneを使っている人がWiMAXを利用すると、スマホの月額費用が最大934円値引きされます。
今回は、データ定額1に変更したので500円の値引きです。
auユーザーはWiMAXへ切り替えると通信費用をかなり安く抑えることができます。
(参考:auユーザーにポケットWiFiをオススメする全理由

ケース2:softbankのスマホ利用。ライトユーザーの場合

そもそも、インターネットをあまり使わない方もポケットWiFiで通信費用を安くすることができます。

  • インターネット回線はフレッツ光(西日本)を利用:月額4,000円
  • スマホはソフトバンクの5GBプラン:7,000円
  • 合計:11,000円/月額

インターネット回線をポケットWiFiに切り替えてみましょう。

  • ポケットWiFi(NEXTmobileプラン38):月額2,760円
  • スマホはソフトバンクの1GBプラン:4,9000円円
  • 合計:7,660円/月額

3,340円/月も通信費用を節約できました!au スマートバリューmineが使えなくても、ポケットWiFiで通信費用を安くすることができるんです。
今回はソフトバンクという前提でしたが、もちろんdocomoでも同じだけの節約効果があります。
通信費節約のポイントを解説します。

自宅でパソコンをあまり使わないならネット回線は不要

NETFLIXやHulu、Gyaoなどの動画サイトを利用するのであれば、通信量も多いのでインターネット回線や速度制限のゆるいWiMAXを使った方がいいでしょう。
しかし、ネットを使う用途がSNSやネットショップを見る程度なら、通信量が決まっているけど安いポケットWiFiを使うのが賢い節約方法です。

例えば、NEXTmobileのプラン38(ソフトバンク回線)では、毎月12GBまで通信が出来て月額費用は2,760円です。
もう少し通信量を増やしたいという方にはスマモバのスマートリッチ25(docomo回線)を選択しましょう。毎月25GBも通信できるのに月額費用は3,480円です。

ポケットWiFiを利用するなら、お得なプロバイダーから

WiMAXやY!mobileは様々なプロバイダーが取り扱っています。
申し込み窓口が異なっても、対応エリアやサービス内容は同じです。
しかし、入会時の特典内容が大きく異なります。

ポケットWiFiを使うなら、少しでもお得な窓口から申し込みましょう。

WiMAXであれば、GMOとくとくBBキャッシュバック金額が高いのでオススメです。
また、20日以内のキャンセルであれば、違約金が発生しません。
ポケットWiFiの利用が不安な方も安心して利用できます。



ネットを解約する際に違約金が発生することがありますが、それ以上のキャッシュバックを受け取ることもできます。