男性-通常左

ポケットWiFiを申し込む予定の方に気を付けて欲しいことがあります。
これは、僕が実際に遭遇したトラブルです。

犬-ショック

え?!トラブル?!

猫-ショック

何か、怖い話かニャ、、、

電話申し込みの落とし穴

僕が引っ越しをした時のことです。アパートにインターネット回線を引くため、色々と調べていたんです。
インターネットプロバイダーも業者によって、キャッシュバックとか特典とか色々あるんですね。
色々調べて一番キャッシュバック金額が高いところを契約したんです。

ネットを契約する前ですから、もちろんパソコンは使えません。(ポケットWifiも持っていませんでした)
なので、スマホでプロバイダーの申込をしていました。

スマホでは見にくいサイトだったので、かなり入力が面倒でした。
しかも、やたら入力する項目が多かったんです、、、

よく見ると、プロバイダーの申込ページにはお電話での申し込みという表示が大きくあったので、ついつい電話で申込をしてしまったんです。
これが大きな間違いでした。

電話申込の弱みを突かれた

ネット回線は無事に開通したので、OKでした。
引越も落ち着いたので、キャッシュバックについて手続きをしようと書類などを調べました。

でも、プロバイダーからはキャッシュバックについては何も案内が来てません。
以前見たサイトにはキャッシュバックについての記載が残っていましたので、再度電話でキャッシュバックについて問い合わせしたんです。

オペレーターの方からはこんなコトを言われました。

  • キャッシュバックは自分から申請しないといけない
  • ネットの料金請求書をコピーして送らないといけない
  • ネットからの申し込みの場合だけメールで案内している

だそうでした。

電話での申込時には、案内しないなど聞いて呆れます。
あんなにデカデカと電話での申込を誘導していたのに!!

電話での申込はキャッシュバックしない?

以下は僕がキャッシュバックにまでこぎつけた流れです。
今思い返しても、ヒドイ対応だと思います。

ネットの料金請求書をコピーして郵送

1ヶ月連絡なし。こちらから連絡する。

領収印が押していないと受け付けられないと断られる。

領収印の押しているコピーを再度郵送。

1ヶ月連絡なし。こちらから連絡する。

振込先を聞いていないので、振込できなかったと言い訳。

振込先を伝える。

1ヶ月連絡なし。こちらから連絡する。

担当者が手続きしていなかった。と言い訳。

フレッツ光だったので、NTT東日本に相談しようと思っている。と伝える

当月内に振り込まれる。

きっとキャッシュバックを諦めさせようという作戦なんでしょう。
何度も電話するのは手間ですし、本当に不毛でした。

確実にキャッシュバックを得るには

そもそも、電話だとやりとりの履歴が残らないので、
こんなに時間がかかってしまったんだと思います。

ネットで申込をしていれば、キャッシュバック方法も案内が来ていたし、料金の請求書もメール添付で送れたはずです。
キャッシュバックもスピーディーに行われたはずです。

キャッシュバックを引き延ばそうとした気づいたので、回線を提供しているところ(今回はNTT東日本)に相談すると言ったのが効果的だったのかもしれません。

メールでやりとりしていれば、どれだけ引き伸ばしたかも証拠が残るので万全でした。
電話での申し込みはネットからの申し込みと比較して色々と弱みがあると学びましたね。

ポケットWiFiを契約するときは

以上の経験から、僕は何かを申し込むときはネットからの申し込みを徹底しています。
申込確認のメールは重要マークを付けて保存することも忘れません。

僕の経験が申込の際に役立てば幸いです。