犬-喜び

格安SIMって、通信費が安いんでしょ?

猫-困る

ポケットWiFiでも使えたらいいんだけどニャ~

男性-通常右

ポケットWiFiにも格安SIMを使うことができます。
少し難しい部分もありますが、紹介しますね

2015年頃から注目を集めてきた格安SIMですが、iPhoneやスマホの通信費用を格安にすることができると言われてきました。
「通信費用を格安にする」ことから、ポケットWiFiでも使えるんじゃないか?と思う方も多いようです。

結論から言えば、ポケットWiFiでも格安SIMは使えます。
ただし、ネットから通常の申込をする方法とは異なります。

本ページでは、格安SIMについて次の内容を紹介します。

  • 格安SIMについて
  • ポケットWiFiで格安SIMを使う方法
  • 格安SIMの価格比較
  • 格安SIMのメリットとデメリット

SIMとは

まず、SIMについて簡単におさらいしましょう。

SIMとは、iPhoneやスマホ、携帯などが通信をするために必要なICチップです。
SIMには契約者情報も登録されているので、誰がどのくらい通信をしたかを特定することができます。
通信事業者はSIMを使って通話料や通信量を計測し、月額費用を請求します。

普段使っているiPhoneやスマホにもSIMが入っているんですよ。
Docomo、SoftBank、auでスマホを購入すると各キャリアのSIMが装着された状態で引き渡されます。
なので、SIMを目にしたことがない人もいるかもしれませんね。

格安SIMとは

格安SIMとは文字通り、格安なSIMです。
毎月の通信料が安いSIMがあるんですね。

「携帯電話を扱っている会社は?」と聞くと、docomo、au、softbankのいずれかを思い浮かべると思います。
でも、スマホや携帯を扱っている通信事業者は3社以外にもたくさんあります。(上記3社はキャリアと呼ばれます)

例えば、楽天モバイル、mineo、DMM MobileはテレビでもCMをしているので、ご存じの方も多いかもしれません。
これらの通信事業者をMVNOと呼び、キャリアよりも安い通信プランを打ち出しています。
MVNOの提供するSIMは月額使用料が格安なので、格安SIMと呼ばれています。

僕も使っているDMM Mobileでは毎月たったの440円という破格のプランがあります。
そんなに安いなら、格安SIMの方がお得!と感じますが、一概にそうだとは言い切れません。

格安SIMには「電話のできるSIM」と「電話の出来ないSIM」があり、通信費用が変わってきます。
電話ができるSIMは音声通話ありと表記されることがあります。

電話のできる格安SIM

音声通話ありの格安SIMでは、090や080から始まる電話番号がもらえるので、通常の携帯電話と同じように使えます。
今まで使っていた電話番号を引き継ぐMNPも利用できます。

キャリアとの大きな違いは無料通話の有無でしょう。
キャリアのプランでは国内宛の通話料が無料になるなどの無料通話が付随します。
しかし、格安SIMでは無料通話のないプランが主流です。
また、格安SIMは通話料が20円/30秒程度と高額なことも注意しなければいけません。(1時間の連続通話で2,400円)

電話のできない格安SIM

電話ができないプランでは、インターネットへの接続(データ通信)のみできます。
IP電話やLINE、Facebookの通話機能は利用できます。

1ヶ月に通信できるデータ量によって月額費用が決められます。
DMM Mobileでは、480円/1GBから利用できます。

ポケットWiFiと一緒に使うの、電話のできないSIMです。
ポケットWiFiに通話機能は必要ありませんからね。

ポケットWiFiで格安SIMを使う方法

猫-歓喜

格安SIMの通信料安すぎ!

犬-歓喜

ポケットWiFiでも使いたい!SIMを入れ替えればいいんだよね?

男性-通常右

ポケットWiFiで格安SIMを使うには、準備が必要です。
手元にあるポケットWiFiに格安SIMを入れ替えるだけではダメです。

WiMAXやY!mobileのポケットWiFiに格安SIMを入れても、インターネットに接続することはできません。
格安SIMが使えるポケットWiFiを用意する必要があります。

基本的には、SIMフリー端末と呼ばれるポケットWiFiの端末を使います。

SIMフリー端末とは

スマホやガラケーの端末では、利用できるSIMの種類が決まっています。
ソフトバンクから購入した端末には、ソフトバンクのSIMしか利用できません。
なので、ソフトバンクのスマホにDMM mobileの格安SIMを挿しても、利用することができません。
端末で利用できるSIMが決まっていること状態をSIMロックと呼びます。

ポケットWiFiの端末も基本的にはSIMロックがかかっています。
WiMAXから購入したポケットWiFiには、もともと入っているWiMAXのSIMしか使えません。

端末によっては、もともとSIMロックされていないものもあります。
SIMロックされていない端末をSIMフリー端末と呼び、格安SIMも使うことができます。

SIMフリーのポケットWiFiはどこで買えるのか

SIMフリーのポケットWiFiはAmazonで探すことができます。
「モバイルルーター SIMフリー」で検索してみてください。
レビューを見たところ、NECのAterm MR04LNが良さそうでした。

格安SIMはどこがいいのか?比較してみた

MR04LNの動作確認リストだけでも、格安SIMの事業者はたくさんあることが分かりますよね。
各社ごとにプランも複数あるので、比較するのはかなり大変です。

ポケットWiFiをどれくらい使うかによって、ベストなプランは変わってきますが、ポケットWiFiは定額使い放題をオススメします。
自宅と屋外のインターネット利用をポケットWiFi1つにまとめた方が経済的だからです。
月末に、あとどれくらい使えるかを気にするのもストレスですからね。

なので、ポケットWiFiに使う格安SIMは以下の条件で探すのが良いでしょう。

  • 月額定額
  • 通信データ量に制限がない
  • 高速通信が可能

格安SIMのプランをいくつか見てみましたが、月額定額だけど最高速度500Kbpsというプランもありましたので、高速通信が可能かはしっかりと確認しましょう。
上記を満たしているプランを探してみたところ、以下の2つのプランが該当しました。

上記のSIMを契約して、MR04LN等のSIMフリー端末にSIMを入れれば、ポケットWiFiとして利用できます。

※SIMには大きさがあります。標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの三種類ありますが、MR04LNはマイクロSIMに対応しています。

SIMフリーと一般のポケットWiFiはどっちがお得?

月額費用の安いBroadWiMAXや高額キャッシュバックのGMOとくとくBBと比べて、格安SIMを使ったポケットWiFiはお得なのでしょうか??
一番気になるところだと思います。さっそく比較してみましょう!

プロバイダー 月額費用 初期費用 機種代金 キャッシュバック 実質月額
BroadWiMAX 2,856 3,000 0 0 2,981
GMOとくとくBB 4,116 3,000 0 31,000 2,950
b-mobile 1,980 3,000 17,700 0 2,843
U-mobile 2,480 3,000 17,700 0 3,343

※単位は円
※実施月額は2年間使った場合の総額を24で割ったもの
※BroadWiMAX、GMOとくとくBBはギガ放題プランを選択
※GMOとくとくBBの月額費用は途中で変動するため24ヶ月の平均
※月額費用に充当可能なポイントが得られる場合はポイントを含めて計算
※機種代金はNEC MR04LNのAmazon最安価格(2016/07/15の送料込み)

犬-ショック

あれ?格安SIMがそんなに安くないワン!?

猫-衝撃

格安SIMっていうより、ちょい安SIM??

男性-通常右

えーと、、、しっかりと比較するとあんまり変わりません。

格安SIMは月額費用が安く見えますが、ポケットWiFiの端末を購入しないといけないので、結果的に実質の費用は安くなりません。

結論:B-mobileの高速定額プランを利用するのが最安。でも、BroadWiMAXなどのプロバイダーとあまり変わらない価格。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMについて色々と紹介してきました。
格安SIMを使ってポケットWiFiを利用するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

格安SIMを使うメリットとしては、費用の安さが挙げられます。
あまり月額費用は変わりませんでしたが、NEC MR04LNよりも安いSIMフリー端末を見つけたり、Amazonよりも安い価格で購入できればコストは下げられます。
ヤフオク等でも、SIMフリー端末が出品されていることもあるので、根気よく探せば安く利用できそうです。

また、ポケットWiFiはあまり使わないという方は通信データ量の決まっているプランを選ぶと、通信費用をさらに安くすることもできます。

格安SIMを使うデメリット

ただし、格安SIMを使うことにはデメリットもあります。
これから紹介するデメリットを確認しておきましょう。

通信速度、通信エリアは要確認

U-mobileもb-mobileもdocomoのMVNOなので基本的に利用可能なエリアはdocomoと同じです。
しかし、通信速度については満足できないことも多いようです。
格安SIMの口コミを調べると、「利用するのは無理な速度」などの書き込みを見かけます。

もちろん、格安SIMに限りません。BroadWiMAXなどのSIMとポケットWiFiをセットで販売するプロバイダーも通信速度の口コミは気にした方がいいです。
ただ、格安SIMの利用者はかなりスピードで増えています。利用者が増えると流れるデータ量も多くなりますので、全体的に速度が遅くなるのは理解できます。

格安SIMを選択する場合は、より一層に通信速度が実際にはどれくらい出るのかを調べるべきです。

不具合が起きた時の対処が面倒

万一、ポケットWiFiを使っていて、不具合が起きたらサポート窓口に問い合わせをしましょう。
SIMと端末がセットの場合は、プロバイダーに問い合わせをします。

しかし、格安SIMとSIMフリー端末の場合はどちらに問い合わせをしたらいいのでしょうか?
不具合の内容によって、SIMの通信事業者か端末のメーカーのどちらかに問い合わせをします。
判断ができない場合は、とりあえず両方のサポートに問い合わせをした方がいいです。

両方のサポートが「自社の責任ではない」と主張されたときに困ったことになります。

例えば、通信速度が遅いと問い合わせをした場合を考えてみましょう。
格安SIMのサポートは端末が電波を拾えていない。と主張するかもしれません。
端末メーカーのサポートは格安SIMのネットワークが逼迫している可能性があると主張するかもしれません。
かなり厄介ですね。

端末とSIMの提供社が違うので、仕方ないと言えば仕方ないのですが。。。

ポケットWiFiで格安SIMを使う方法のまとめ

まとめです。

格安SIMを使ってポケットWiFiを利用するには、
格安SIMとSIMフリー端末が必要です。

・格安SIM
月額固定で使い放題&高速通信可能なプランがオススメ。
その中でも月額1,980円のb-mobileが安いです。

・SIMフリー端末
NECのMR04LNがAmazonの評価が高くオススメです。SIMのサイズはマイクロSIM。
18,000円近いので、オークション等でもっと安い中古品を入手する方法もありでしょう。

以上を準備すれば、格安プロバイダーのBroad WiMAXなどより月額100円近く安いポケットWiFiが利用できます。
ただし、格安SIMを使うと通信速度やサポートに関してはデメリットもありますので、注意しましょう。

個人的には、そこまで価格も変わらないからプロバイダーの提供するセットを選ぶのがいいかなと思います。
b-mobileとBroad WiMAXは使用するネットワークが違うので単純に比較するのはイマイチかもしれません。

更に、ポケットWiFiについて詳しく知りたい方はコチラもご覧ください。
かなり初歩的なことから、最新の機種や料金も比較しています。