犬-ウィンク

スマホでテザリングすれば、ポケットWiFiはいらないんだよね。

猫-ショック

え!?料金とか通信速度はどうなってるの?


男性-通常右

テザリングもポケットWiFiも。それぞれメリットがあります。
比較して、自分にあった方を選びましょう。

ポケットWiFiとテザリングの使いどころを見極める

テザリングとはiPhoneやスマホの機能で、ノートパソコンなどをインターネットに接続することができます。インターネットに接続できるので、スマホをポケットWiFiの代わりに使う方法と考えてください。

それなら、わざわざポケットWiFiを使う必要がない!と思いがちですが、テザリングは通信費用やバッテリーの消費が激しいなどのデメリットもあります。
ポケットWiFiとテザリングのどちらがいいのか?料金・速度・利便性を比較してみました。

ポケットWiFiとテザリングの料金

通信費用がどれだけかかるのか?毎月支払うものですし、しっかり比較したいですよね。

テザリングとポケットWiFiの月額費用をそれぞれ確認してみましょう。

テザリングにかかる通信費

テザリングはスマホのデータ通信(インターネット利用)サービスを使って行います。
docomo、au、softbankの三社はスマホでインターネットを使う費用として、毎月通信できるデータ量毎に金額を設定しています。

例えば、docomoなら毎月2GBまでの通信で3,500円。5GBまでの通信で5,000円というプランを用意しています。
各社のデータ通信にかかる費用(パケット通信プラン)をまとめました。税抜き価格で単位は円です。

キャリアのパケット料金

契約しているプラン以上の通信をしてしまった場合は1,000円を支払うごとに追加で1GBの通信ができるようになっています。
各社の料金プランはホームページを確認してください。

その他に、テザリングをするためのオプション料金が必要です。
docomoは無料ですが、softbankは20GBと30GBのみ500円。auは1,000円の月額費用がかかります。(キャンペーンにより、無料となる期間もあります)

ポケットWiFiにかかる通信費

ポケットWiFiもプランによっては一ヶ月に通信できるデータ量に制限があります。
ただし、月間の制限がないプランもあります。
もっとも制限のゆるいプランは、WiMAXのギガ放題で、3日間で10GBまで通信をすることができます。平均的に使用して一か月間で100GBの通信が可能です。
GMOとくとくBBから申し込みをすると2年間の実質月額費用は2,958円です。

テザリングとポケットWiFiの通信費を比較

両方の通信費用が分かったところで、通信費用を比較してみましょう。
スマホのキャリアによって結果が大きく異なるため、次の2つの条件で比較してみました。

  1. docomoかSoftbankを使っている人
  2. auを使っている人

どちらの場合も、普段はスマホで2GBインターネット利用をしているものとします。

docomoかSoftbankを使っている場合

月額費用と通信データ量を表すグラフを作ってみました。
横軸が通信量(GB)、縦軸が月額費用(円)です。

docomoとsbのテザリング費用比較

まず、テザリングの場合です。
1,500円の追加費用を毎月支払って、3GBまではテザリングで通信が可能です。
それ以上のテザリングをするなら、2,500円の追加費用を毎月支払って、20GBのプランに変更します。毎月18GBまでテザリング可能になります。
同様に、28GBまでのテザリングなら4,500円が必要になります。以降、1GBごとに1,000円かかります。

ポケットWiFiはどれだけ使っても、定額です。先にも触れましたが、GMOとくとくBBなら、実質の月額が2,980円です。

グラフから、3GBまでならテザリングがかなり安いことが分かります。
3GB以上18GBまでなら、テザリングが少し安いです。
18GB以上の通信をするなら、ポケットWiFiの方がかなり安くなります。

auを使っている場合

月額費用と通信データ量を表すグラフを作ってみました。
横軸が通信量(GB)、縦軸が月額費用(円)です。

auのテザリング費用比較

auの場合、WiMAXのポケットWiFiを使うと、スマホの通信量が安くなります。(値引き金額はプランによって変わります)
今回は、データ定額3を想定しているので、743円の値引きを含めて、ポケットWiFiの実質月額費用を算出しました。

auはテザリングをするために、月額1000円のオプション費用がかかります。
3GBまでは、1,800円の追加費用で収まるので、ポケットWiFiを持つよりかは安くすみます。
それ以上の通信をする場合はポケットWiFiを持った方が安くなります。
とくに、18GB以上の通信をすると2,600円程度も月額費用に差が出るので、ポケットWiFiの方が断然お得です。

テザリングとポケットWiFiの月額費用を比較すると

月額費用についてまとめます。

  • 少ししかデータ通信をしない場合はテザリングの方が安い。
  • auのスマホを使っていると、ポケットWiFiを使った方が安くなりやすい。

3GBとか言われてもどのくらい通信できるのかが分からないと思います。

目安としては週に1、2回ほど外でノートパソコンを使う程度ならテザリング。
それ以上の利用であれば、ポケットWiFiを検討する。
家のインターネットもまかなうなら、ポケットWiFiにする。
と考えるといいでしょう。

また、スマホの通信データ量を2GBとして見積もりましたが、それ以上に通信していると、テザリングに使えるデータ量が減ります。
毎月の通信データ量も確認してみましょう。

ポケットWiFiとテザリングの速度

ポケットWiFiとテザリングでは通信速度が違うのでしょうか?
僕のiPhoneはsoftbank。ポケットWiFiはdocomoです。
この2つはネットワークも違うので、速度を比較しても意味がありません。
ただ、大きく違うのか?似たような速度なのか?だけでも確認できると思うので、一応比較してみました。

実際に、僕のmacbook airで試した結果です。

テザリングの通信速度比較

何度か試してみましたが、テザリングの方が速かったです。
テザリングもポケットWiFiも通信端末や通信する場所により速度が異なります。

今回はテザリングとポケットWiFiで違うネットワークを使っているので、参考値程度に考えてください。
テザリングもポケットWiFiも通信速度は変わらないと考えていいでしょう。

ポケットWiFiとテザリングの利便性

最後に、テザリングの利便性を考えてみましょう。

ポケットWiFiを使う場合、外出する際に端末を持ち歩かなければいけません。
荷物が増えるので、かさばったり、忘れ物が増えるかもしれません。

その点、テザリングはスマホがあればできるので、荷物が増えません。

端末が増えないことのデメリットもあります。
それは、スマホのバッテリーが減りやすくなることです。

テザリングは電池の消耗が激しいので、少ししか通信をしていないつもりでも、スマホのバッテリー残量が大きく減ることがあります。
スマホには電話の機能もあるので、テザリングのし過ぎで電池が切れてしまっては困ります。
スマホのバッテリーを消費したくないから、テザリングはしないという人もいるくらいです。

荷物を減らすことを優先するか、バッテリーが長持ちすることを優先するか、考える必要があります。

ポケットWiFiとテザリングの比較まとめ

ポケットWiFiとテザリングについて、通信費用、通信速度、利便性を比較しました。
最後に、まとめです。

【通信費用】
週に1、2回程度(月間3GBまで)なら、テザリングの方が安くなりそう。
それ以上、使うならポケットWiFiを検討するべき。
auのスマホを使っている人はWiMAXのポケットWiFiを使うと、スマホ代が安くなるのでポケットWiFiを使った方が安くなりやすい。

【通信速度】
検証結果ではテザリングの方が速かった。
機種や通信するエリアによっては、どっちが速くなってもおかしくない。

【利便性】
ポケットWiFiを使うと、スマホのバッテリーを消費しなくて済む。
テザリングなら、持ち歩く端末が増えない。
どちらが、大事か検討が必要。

今回比較したポケットWiFiはGMOとくとくBBから申し込めるWiMAXでした。
WiMAXは速度制限の条件がゆるく、GMOとくとくBBは実質の月額費用が安いためです。

他のポケットWiFiを選択した場合は上記の比較内容は異なってきます。

GMOとくとくBB【公式】から詳細を確認してみましょう。