犬-困る

ポケットWiFiが遅いなぁ。もしかして、、、故障??

猫-困る

使い過ぎて遅くなったんじゃないの?

男性-通常右

通信速度が遅くなる原因はいくつかあります。
すぐに解決できる場合もあるので、確認してみましょう。

ポケットWiFiが遅い原因と簡単にできる対策

ポケットWiFiを使っていると、通信速度が遅くなることは珍しくありません。
通信速度が遅くなる原因はいくつかあり、簡単に解決できる場合もあります。

「ポケットWiFiが遅いな」と感じたときに試して欲しい対処法を紹介していきます。

0.ポケットWiFiの通信速度制限を疑う

ポケットWiFiはプランによって、毎月通信できるデータの量が決まっています。
決められた以上のデータを通信してしまうと、通信速度が遅くなります。

ポケットWiFiが遅くなったときは、通信速度の制限になっていなかを確認しましょう。
速度制限になった場合と、速度制限になっていない場合で対処法が変わってきます。

もっとも確実なのは、プロバイダーのユーザーページで当月の通信量を確認する方法です。
プロバイダーによっては、登録したメールアドレス宛てに通信速度を制限するというメールを送っている場合もあります。

ユーザーページにログインするのが面倒な場合は、通信速度を測定するという方法もあります。

通信速度から速度制限の対象になったか判断する方法

通信速度を確認できるサイトはいくつかありますが、USENの提供している通信速度確認サイトを紹介します。
フレッツ光以外の「測定スタート」ボタンをクリックするだけなので、使い方は簡単ですね。

Usen通信速度確認

クリック後、しばらく待っていると通信速度の結果が表示されます。

通信速度結果

WiMAXを利用している場合、1.5Mbps以上なら、速度制限の対象ではないと考えられます。
Y!mobile、docomoのポケットWiFiであれば、0.3Mbps以上なら、速度制限の対象ではないと考えられます。

速度制限の対象になると、WiMAXなら1Mbps、Y!mobile、docomoなら128Kbps(0.128Mbps)に速度が制限されます。
通信速度計測サイトの誤差を考えて、1.5Mbps、0.3Mbpsを目安にしてみました。

今月はあまりポケットWiFiを使っていないつもりでも、パソコンやスマホは知らないうちに通信をしていることもあります。
まずは、通信速度制限になったかを確認しましょう。

通信速度制限ではない場合の対処法

速度制限の対象ではないのに、ポケットWiFiの通信速度が遅いと感じる主な原因を3つ紹介します。

  1. ポケットWiFiの電波状況が悪い
  2. 通信が邪魔されている
  3. 閲覧しているサイト自体が遅い

それぞれの対処法も合わせて紹介していきます。

1.ポケットWiFiの電波状況が悪い場合

ポケットWiFiの電波が弱い地域であったり、電波を遮蔽し易い建物の中で利用している場合、ポケットWiFiの電波が弱い場合があります。
電波が弱いと何度も通信のリトライを繰り返すなどで、通信速度が遅くなります。
ポケットWiFiを利用している地域がポケットWiFiのサービス提供エリアに含まれるか確認してみましょう。

ポケットWifiの対応エリアまとめ|主要プロバイダー

対応エリアに含まれていても、未対応エリアとの境界付近では電波が弱い可能性があります。
もし、対応エリア外や境界付近で利用している場合、都心や規模の大きな駅の周辺でポケットWiFiを利用してみましょう。
通信速度が速くなれば、ポケットWiFiの電波が弱いことが原因だとわかります。

また、ほとんどのポケットWiFiには電波状況が表示されています。こちらの表示を確認しても、ポケットWiFiの電波が弱いかが把握できます。
ポケットWiFiの電波が弱い場合の対処法ですが、少し動かして電波の状況がよくなる場所を探しましょう。
とくに、屋内で使用している場合は窓際に持っていくだけで通信速度が劇的に速くなることもあります。

2.通信が邪魔されている

ポケットWiFiと端末(PCやスマホ、ゲーム機等)との間の通信が邪魔されていると通信速度が遅くなります。

例えば、ポケットWiFiはリビングに置いてあり、寝室でノートPCを使っている場合等です。途中の壁などでWiFiの電波が邪魔されることがあります。
とくに、階数が異なる場合は通信速度が遅くなるケースが多いです。
端末側でWiFiの電波強度を見ればポケットWiFiの電波をしっかり受信できているかが確認できます。
ポケットWiFiと端末を近付ければ解決しますので、通信速度が遅くなったと感じたら、ポケットWiFiと利用端末を近づけてみましょう。

また、WiFiは他の無線に邪魔されて通信が遅くなることがあります。
例えば、コードレス電話機、電子レンジ(加熱中)、bluetooth機器を近くで使用していると電波が干渉されて通信速度が遅くなる原因となり得ます。
これらの機器から離れた場所で使用して通信速度が速くなるかを確認してみましょう。

3.閲覧しているサイト自体が遅い

最近はWebサイトのサーバー性能が向上しているおかげで反応の遅いサイトも減りつつありますが、個人運営のサイトなどは格安のサーバーを使っているせいで、表示に時間のかかることもあります。
また、Youtubeなどの立派なサーバー群を備えているサイトでも閲覧者が多い場合は表示速度が遅くなります。
ポケットWiFiでWebサイトの表示に時間がかかると感じたら、いくつか他のサイトを表示してみましょう。特定のサイトの表示だけが遅い場合は、WEBサイト側に問題があります。

13時から18時の間など、比較的WEBの閲覧者が少ない時間にサイトを閲覧することで、表示速度が速くなる可能性があります。

通信速度制限になった場合の対処法

男性-通常右

通信速度制限がかかった場合は、翌月になって通信量がリセットされるまで待つしかありません。

犬-衝撃

待つしかない、、、だと?

仕事などで使っている場合は、通信速度が低速(超低速)に制限されてしまうと大変困りますよね。
インターネット機器は通信できることが大前提です。

通信速度制限を回避するには

ポケットWiFiによって、毎月通信できるデータ量に大きな差があります。

WiMAX2+は、月間の制限なし&3日間で10GBまで通信可能。と通信速度の制限対象となりづらいです。
万一、通信速度が制限されても、1Mbps程度の速度がでるので、少し遅いかな?程度でインターネットを利用することができます。

でも、WiMAXが屋内で使えるか不安。。。
という方は、GMOとくとくBBの「20日以内のキャンセルなら違約金が無料」というキャンぺーンを活用しましょう。
GMOとくとくBBはキャッシュバック金額も他よりも断然高いので、通信費用が実質安くなります。

通信速度の制限に悩まされないポケットWiFiを使いましょう!