猫-困る

IPアドレスって何??

犬-困る

ポケットWiFiを使うとIPアドレスが変更できるって、本当??

男性-通常右

IPアドレスとは、インターネットに接続しているパソコンやスマホを特定する仕組みです。
ポケットWiFiを使うと簡単にIPアドレスの変更ができます。

IPアドレスを変更したいときもある。ポケットWiFiで変更してみよう

IPアドレスとは、よくインターネットの住所のようなものと表現されます。
ざっくりと説明すると「インターネットを使っているパソコンに割り振られる一意の番号」だと思ってください。

マイナンバーや運転免許証番号で個人が特定できるように、IPアドレスからパソコンを特定することができます。
パソコンが特定できるということは、利用者を特定する手掛かりにもなります。

IPアドレスは3桁の数字が4組で構成されています。
インターネットに接続する時点でIPアドレスが割り振られます。

実際に割り振られているIPアドレスを確認できるサイトもあります。
IPアドレスを確認したい方はこちらをどうぞ。

IPアドレスで個人の特定なんて無理だと思うかもしれません。
しかし、プロバイダーではIPと契約者のひも付けができるので、特定は可能です。
ネットに犯行予告を書いて逮捕される人がいるのは、プロバイダーがIPと契約者情報を警察に開示しているからです。

IPアドレスの使われ方

IPアドレスは個人を特定する怖いものではありません。
通常、プロバイダーが契約者情報を開示することは無いので、不用意に心配する必要は無いです。

IPアドレスを使用する例として、WEBサービスの使用制限があります。

無料会員は使い放題。会員登録していないゲストは1日に1回しか使えないWEBサービスを考えてみましょう。

無料会員とゲストの違いはサイトにログインしているかで判断できます。
ゲストはログインしていないユーザーです。

では、ログインしていないゲストがサービスを使ったかを判断するにはどうしたらいいのでしょうか?

1つはクッキーを使う方法です。
クッキーとはブラウザーに残るサイトの利用履歴のようなものです。
WEBサービスを使ったら、「○月○日○時○分○秒にWEBサービス利用」のような情報が残ります。

しかし、ブラウザーのプライベートモード(シークレットモード)を使うとクッキーが残りません。
そのため、WEBサービスはゲストが何回サービスを利用したかを把握することができなくなります。

そこで、サービスの利用回数をチェックする方法としてIPアドレスが使われます

WEBサービス側でゲストのIPアドレスを確認することは容易にできます。
また、IPアドレスは一意ですし、ブラウザーのプライベートモードを使っても変更することができません。
ですから、IPアドレスXXX.XXX.XXX.XXXがサービスを利用したと記録を残しておけば、ゲストのサービス利用を制限することができます。

IPアドレスの弊害

IPアドレスは個人に割り振られていると説明しましたが、例外もあります。
例えば、マンションのような集合住宅では1つのIPアドレスを複数の住宅で共有して使います。

複数の住居でIPアドレスが共有されると、先ほどのようなWEBサービスでは困ったことになります。

犬-通常

animaltubeでカワイイ犬の動画を観るぞ~

ゲスト利用で視聴可能な回数だけ観る。

犬-喜び

やっぱり、柴犬の女の子が一番かわいいなぁ

同じマンションの猫さんがanimaltubeを視聴しようとする

猫-通常

おいしいキャットフードの動画を観ようかなぁ

猫-怒り

え?視聴回数制限?今日は一度も観てないのに!!

全ての集合住宅でIPアドレスが共有化されているわけではありません。プロバイダーに確認するのがもっとも確実ですが、事前に予想することもできます。
工事不要や入居後即インターネット利用可能と紹介されている物件ではIPが共有されると考えていいでしょう。逆に、インターネット利用に工事が必要な場合はIPが共有化されていない可能性が高いです。

IPアドレスは変えられるのか?

IPアドレスを変えることは基本的にできません。
自動的に割り当てられます。また、プロバイダーから割り当てられたIPは変わらないことが多いです。
しかし、IPは絶対に不変な訳ではありません。変わることが少ないだけで、たまに変わります。
プロバイダーによっては、常に同じIPを利用できる「固定IP」というオプションを用意しているところもあります。

IPアドレスを変える方法がない訳ではありません。
先ほどのWEBサービスを利用する例を使って、IPアドレスを変更する方法をいくつか紹介します。

1.プロキシを利用する

プロキシとはWEBサービスを利用するための中継点です。
世界中にはプロキシサーバーというインターネットの中継に利用できるサーバーが多数存在します。

WEBサービスでは、直接接続しているパソコンのIPしか確認できないため、プロキシサーバーのIPしか確認できません。
そのため、異なるIPアドレスでWEBサービスを利用することができます。

厳密にはIPを変更していません。IPを変更しているように見せているだけです。
プロキシサーバーをたどることで、個人を特定することが可能です。

プロキシサーバーの利用は有名ですが、オススメできない方法です。
理由は3つあります。

1つ目の理由は、プロキシサーバーは世界中のネットユーザーが使います。
第三者がプロキシサーバー経由でWEBサービスを使っていると、利用することができません。

2つ目の理由は、有名なプロキシサーバーは常に複数のユーザーに利用されています。
そのため、通信速度が遅いです。

3つ目の理由は、プロキシサーバーの多くがハッキングされているサーバーです。
プロキシサーバーとして利用するために、ハッキングされています。
そのあたりは詳しくありませんが、経由するだけとはいえハッキングされているサーバーに接続するのはセキュリティ上好ましく無いと思います。

プロキシサーバーに接続しようとすると、セキュリティソフトがアラートを出すことがよくあります。

2.IP変更ソフトを使う

IPアドレスを変更するフリーソフトがあります。
使い方も難しくありません。
有名なソフトウェアです。

原理としては、自動的にプロキシサーバーを複数台経由します。
なので、1を改良した方法と言えます。経由するプロキシサーバーが増えるので匿名性は増します。

でも、この方法もオススメできません。
絶対にやらない方がいいです。

理由としては根拠が弱いですし、陰謀めいているので笑われてしまうかもしれませんが、この手のソフトをダウンロードすると監視対象になると耳にすることがあります。

IP変更ソフトは世界中のプロキシサーバーを経由します。
利用者を特定するには、順繰りにプロキシサーバーの管理会社にログを開示してもらう必要があります。
世界中のサーバー会社にログの開示を要求する。かなりの手間ですよね。
そして、いくつのプロキシサーバーを経由しているかは分かりません。
コレ。追跡する方はかなりの負担です。

そんな厄介な方法を使われるくらいならIP変更ソフトをダウンロードしたやつを監視したほうが早い。と思うのは合理的だと思います。
IP変更ソフトを使う人は何かしらする可能性が高いですからね。

でも、ソフトをダウンロードしたなんて分かるんでしょうか?
プロバイダーでは分かりますよね。特定のソフトを配布しているURLでフィルターかければ出来ると思います。
それを警察などに報告しているかは分かりかねますが、完全に否定出来ないと思います。

監視対象になるなんてリスクを負うのは避けたほうがいいでしょう。
絶対にオススメしません。

3.ポケットWiFiを利用する

私が使っている方法ですが、IPを変更するのにポケットWiFiが便利です。

使い方は簡単です。IPを変更したくなったら、ポケットWiFiを再起動するだけ。
ポケットWiFiが起動すると、プロバイダーから空いているIPをランダムに割り振られるのでしょうか?
詳しい理由は分かりません。

再起動前
IP_before

再起動後
IP_after

この方法は1や2と違って、本当にIPアドレスを変更する方法です。
匿名性はありませんので、プロバイダーが情報を開示した場合は簡単にユーザーを特定することができます。
裁判所の命令や警察の要請がない限り、プロバイダーが情報を開示することはないと思いますので、悪いことをしなければ心配する必要はありません。

IPアドレスの変更方法まとめ

IPアドレスを変更するなんて、何か悪いことをするに違いない。世間では、そう考えている人が多くいます。
でも、WEB系の仕事をしているとIPアドレスを変更する必要って結構あります。
一般の方でも、集合住宅ではIPが共有化されて不便なこともあるでしょう。

この記事が参考になれば幸いです。

IPアドレスの変更は頻繁に行うものではないと思います。
毎月何回か程度なら、安いポケットWIFiで対応しましょう。

当サイトではポケットの費用やエリア、通信量制限などを徹底的に比較しています。
IPアドレス変更にポケットWiFiを検討する方は、こちらのポケットWiFiの比較ページをご利用ください。